HOME » 教えて!美容皮膚科に関するQ&A » 通常の皮膚科との違い

通常の皮膚科との違い

雑誌やテレビのCM、電車の広告などでよく目にするようになった「美容皮膚科」という文字。けれど、普通の皮膚科と何が違うのか、どのような治療をするのかはわからない人も多いはず。通常の皮膚科と美容皮膚科の違いを紹介します。

大きく異なるのは、治療内容

まず、皮膚科と美容皮膚科は、どちらも医療機関です。医師や看護師がいて、診断し、治療を行うという点は同じです。

基本的に、一般の皮膚科は「主に保険で治せる疾患治療」をします。具体的には、湿疹、ニキビ、水虫などの皮膚病治療、ホクロやイボなどの除去となります。

対して、美容皮膚科の場合は、別名「美容クリニック」と呼ばれていることからもわかる通り、病気というよりも『美容的な意味合いが強い疾患』を治療します。

美肌に詳しい専門医がカウンセリングや治療を行い、病気とまでは言えない肌の悩みやコンプレックス、トラブルを改善させていくのです。治療というよりも、綺麗な肌作りが目的といってもいいでしょう。

保険の有無をチェック

この両者の大きな違いは、治療費が挙げられます。一般に皮膚科は保険治療が適用されます。しかし美容皮膚科では、ほとんどが自費治療です。治療料金も各病院で独自に設定されていますが、アザ、ニキビ治療など、一部保険適用となる場合もあります。

施術方法の違い

一般的な皮膚科と、美容皮膚科の施術方法には、かなりの違いがあります。例えば、誰にでもできてしまう身近な肌の悩み、「ニキビ」の治療ひとつとっても、両者の違いはあきらかです。

一般の皮膚科では、原因菌であるアクネ桿菌を殺菌する抗生物質が含まれた外用薬を用いる治療が主流です。それに加えて、内服薬やビタミン剤の処方があります。いずれにしても、現在あるニキビを治すことのみに主眼を置いています。

対して、美容皮膚科では、皮膚科で行われる通常の治療の他に、ニキビ跡や赤み、開いてしまった毛穴も綺麗にする治療が可能となります。このような施術を通すことで、肌のキメや透明感を総合的に取り戻すことができるのです。

早くて確実・綺麗な治療を受けるなら

美容皮膚科の治療内容は、ニキビ治療以外にもシワやシミの除去、毛穴の開き改善、顔のたるみ改善など年齢を重ねると避けて通れない肌のトラブルやコンプレックスも解消してくれます。

このように肌トラブルを多方面からアプローチすることができるので、より早く確実な効果が欲しいと思っている方は、美容皮膚科への相談をおすすめします。

大阪限定 費用も評判も太鼓判!美容皮膚科厳選リスト