HOME » 教えて!美容皮膚科に関するQ&A » かかる費用の相場

かかる費用の相場

ここでは、美容皮膚科で行われる代表的な治療とかかる費用の相場、病院ごとで違う治療料金のカラクリについて説明していきます。

美容皮膚科の代表的な治療・相場

美容皮膚科の代表的な治療・効果・相場を表にまとめてみました。

治療法 効果 料金の相場
ケミカル
ピーリング
シミやくすみ、ニキビ跡などをキレイにする。 1万円~2万円程度×複数回
フラクショナル
レーザー
毛穴治療をはじめ、アンチエイジング、小じわの改善、妊娠線や傷跡治療、ニキビ跡治療にも用いられる。 1部位/数千円~4万円
イオン導入 肌に微弱な電流を流すことで、そのままでは皮膚に浸透しにくい美容成分を肌の奥深くまで届ける。 1回/5~6千円
ヒアルロン酸
注入
ほうれいせん、あご、額などのしわ改善。 2万円~4万円(注入量・メーカーにより異なる)

クリニックごとで治療料金に違いがあるのはなぜ?

美容皮膚科での治療を考えている人は、いくつかの病院、クリニックを比較した上で、どこで治療を受けるか決めると思います。そこで、最初に気付くのが「治療料金の差」ではないでしょうか。

実は同じ治療でも、治療料金が安い病院と高いクリニックでは、倍以上の開きがあることもあります。

治療料金の5つの構成要素

  • 利益…病院の利益が、価格を決める最も大きな要素となります。
  • 広告費…広告にかける費用は、病院によって様々。広告費用を多く使っている病院の場合は、その費用が治療料金に上乗せされるため、広告費をあまり使っていない病院と比べて、割高になります。
  • 人件費…美容皮膚科の治療は、医師1名、看護師1名ほどで行われます。この人件費はどこもあまり大差がありません。
  • アフターケア・雑費…アフターケアの費用やその他の雑費も、各病院であまり大差はありません。
  • 材料費…材料費もあまりどこも差はなく、同じ金額で仕入れています。ただ、カウンセリング、診察代、薬代は別途請求される場合もあるので注意が必要です。

基本的には、この5つの要素で構成されていますが、アフターケアの保証であったり、病院の取り扱い機械が最新式かでも価格は変化します。

また、ヒアルロン酸などの注入物の種類やメーカーが違う場合でも、価格に影響がでます。値段の高い医療機器や注入物を使用する施術であれば、当然料金も高くなります。

その他にも、同じ施術でも医師が違えば結果が変わるように、経験豊富な医師に施術してもらう場合は、治療料金も高くなります。

安かろう悪かろうではない!

病院を選ぶ上で、料金はどうしても気になってしまう部分ですが、料金だけで安易に病院を選ぶのも考えものです。

一般的に「安い」=「悪い」と思われがちですが、治療費用が安いからといってずさんな治療をしているわけではなく、反対に治療費が高いから安心といえるわけではない事を、きちんと理解しておく必要があります。

広告費を使っていない病院であれば、一人あたりの利益が少なくても経営は可能になり、無駄なコストや利益を削っている病院であれば、治療価格は安くすることが可能です。

価格はあくまで選ぶ基準の「ひとつ」です。大切なのは、医師の実績や会ってみた時の印象、詳しい施術内容、アフターケアの内容、他の患者の体験談など、色々な情報を集めて、総合的に判断することです。

大阪限定 費用も評判も太鼓判!美容皮膚科厳選リスト