わきが・多汗症

わきがとは、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で、強い臭いを発する体質のことです。腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれます。

わきがの治療は一般的に皮膚科や美容外科で行われますが、治療の前にカウンセリングや相談することが大切とされています。

なぜなら、自分でわきがだと思っていても、単に自分の臭いに敏感になり過ぎていたり、実際はそうでもなかったりという場合があり、素人では判断が難しいことがあるからです。まずは医師や専門家に相談をした上で治療や手術に移るようにしましょう。

多汗症は、汗が体温上昇とは関係なく大量に出てしまう症状です。少し緊張しただけでびっしょりと汗をかいてしまうので、見た目も悪く、さらにはニオイの元を多く含む汗が出る場合もあるため、自分の体臭を気にする人も多く、日常生活に支障が出ることもあります。

わきが・多汗症の原因

わきがが発生する原因は、脇にあるアポクリン腺から分泌される汗です。

元々、アポクリン腺の分泌液は無臭なのですが、その汗が皮脂腺から分泌された脂肪分や、エクリン腺から分泌された汗と混ざり、それが皮膚や腋毛にいる雑菌によって分解されると、あの独特な臭いとなってしまうのです。ですので、根本的な治療としてはアポクリン腺を取り除くことが重要となります。

多汗症の原因は不明なものも多いのですが、緊張した時に交感神経が過度に敏感になるため、多量の汗をかくのだと考えられています。

わきが・多汗症の治療法

多汗症の治療は、精神的な要因が多いため、精神安定剤の内服、制汗剤の利用、汗の量を減らすボトックス注射、皮膚を切り取ったり削る手術が行われます。

わきがの治療法は幅広く、様々な種類があります。なぜなら、わきがにも軽度から重度まで、症状の重さが違うからです。

普通に生活していればニオイが出ることもなく、汗を大量にかいた時、自分だけニオイがわかる~周りの人にも微かにわかるレベルの人は、軽度の症状といえます。この場合、手術は必要ありません。脇汗が出たら拭き取る、制汗剤やデオドラント製品でニオイを抑えるといった方法で十分です。

普通に生活していてもニオイが出るけれど、ケアをきちんとすれば周りに気付かれない~汗をたくさんかいたらケアをしてもニオイを防げないレベルの人は、中度の症状といえます。このレベルになると、基本的なケアだけでは不十分となり、体質改善や根本的な手術治療を検討した方が良いでしょう。

普通に生活していてもかなりのニオイがあり、普通のケアではほとんど効果が出ないレベルは重度のわきがです。こうなると、原因となるアポクリン腺を取り除く手術が必要となります。

わきがが中度から重度の人は、美容外科で手術をすることができます。

中度の治療法

ボトックス注射

ボツリヌス菌の毒を脇下に注射し、汗の量を減らす。エクリン腺の汗に働きかけるので、アポクリン腺の根本治療にはならないが、多汗症とわきがを併発していたり、不安や緊張で汗が出やすかったりする人に効果がある。

電気凝固法

脇の毛穴に電気針を刺し、そこに電流を流して脱毛と同時にアポクリン腺と皮脂腺を破壊する。わきがの治療と脱毛が同時に行えるので相乗効果が期待できる。

レーザー治療

アポクリン腺とエクリン腺にレーザーを当て、汗腺を刺激する。

中度から重度の治療法

においの元を根本的に除去する治療法としては、「直視下手術法」と「非直視下手術法」の二つに分けられます。直視下手術は、医師が直接手元を見ながら行う手術で、非直視下手術法は、様々な機械を使って行う手術です。

剪除法

わきが手術において最も主流な方法である。保険の適用が可能。反転剪除法、直視下剥離法とも呼ばれている。

脇の下を切開して裏返し、アポクリン腺を直接目視しながら、ハサミで除去していく。目で見ながら除去できるので、確実にアポクリン腺を取り除ける。傷は、3~5cmの傷が1本残る程度。

皮下組織吸引法

美容外科で良く行われている。脂肪吸引と同じ原理で、脇下に小さな穴を開けて、細い管(カニューレ)という吸引器を通し、皮膚の裏側にあるアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を掻き出しながら吸い取る。

傷は数ミリ程度で負担が軽く、剪徐法より広い範囲で手術が可能。しかし、直接目で確認ができるわけではないので、アポクリン腺の完全除去が困難。再発の可能性も30から40パーセントといわれている。

超音波吸引法

皮下組織吸引法をベースとした手術方法。脇に数ミリの穴を開け、器具を挿入し、汗腺を破壊する超音波を発生させ、破壊された汗腺を吸引するという方法である。

日帰りが可能で、その日から腕を動かすこともでき、傷跡も小さくて済む。しかしながら、実際には全てのアポクリン腺を取り除くことは難しく、火傷や水ぶくれができてしまうといった報告もある。

皮下組織削除法

皮膚に小さく切れ目を入れ、ハサミの形をした剃刀の刃と皮膚を押さえるローラーを組み合わせた特殊な器具を使用する。ハサミで挟む強さを一定に保つことで、皮膚の裏側の組織を均一にそぎ取れる。

傷口は小さく、わきがの完治率は高い。しかしながら、入院に3日、回復まで10日ほどかかる。また、薄く皮下組織を削り取るため、手術が成功すると色素沈着を起こしてしまう。さらには、どこでも手軽に受けられる手術とは言い難く、実績のある医師の技術力が求められる。

大阪限定 費用も評判も太鼓判!美容皮膚科厳選リスト