しわ・たるみ

年を取ると同時に気になってくる顔のしわ・たるみ。肌がしわだらけだったりたるんでいたりすると、年齢より上に見られたり、疲れていると思われたりと、見た目に大きなマイナスイメージがついてしまいます。

しわは大きく分けると二種類に分けられます。表皮の機能低下によって発生するいわゆる「小じわ」、真皮の機能低下によって発生する深いしわです。また、表情豊かな人の場合、表情じわとして目元や口元にもできやすくなります。

たるみはしわよりも区別が難しく、また見た目よりも感覚的に「たるみ」を意識する人も多いため、専門家との相談が大切です。

しわ・たるみの原因

しわ・たるみは何らかの原因で、肌深部の真皮にある、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった、肌のハリや弾力を保つ成分が減少してしまったことが原因です。

肌の真皮層には、肌の柔軟性や弾力性を保つために必要不可欠なコラーゲンとエラスチンが一定の間隔を開け網状に張りめぐらされています。

これが加齢とともに不規則な形になってしまうと、肌が水分を保てなくなり、柔軟性の低下、つまりハリが失われることに繋がるのです。

真皮の劣化によりくぼみが生じることでできるのが大しわ(本しわ)という、皮膚を引っ張っても消えない厄介なしわになり、ハリや弾力がなくなり、皮膚が重力によって下がっていくことで起こるのが顔のたるみです。

しわ・たるみの治療法

顔のしわ・たるみは、美容皮膚科や外科の治療で改善することができます。最近では、痛みが少ないのに効果の高い様々な治療方法が出てきています。代表的な治療法を紹介します。

注射・点滴を使う施術法

注射・点滴を使う施術法には、以下のような治療法があります。

ボトックス注入

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出したたんぱく質のこと。この成分は、筋肉の収縮を止めたり鈍くする作用があります。そのため、たるみやしわの部分に注入すると、表情筋の動きが抑制され、ピンと伸びることでハリが出ます。

また、しわが完全に刻み込まれないように予防する効果もあります。ただし、ボトックス注入の効果は永久的ではありません。効果の持続期間は4~6カ月程度です。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は、肌のみずみずしさやハリを維持する大切な成分です。皮膚がたるみ、しわが寄っている部分に、直接ヒアルロン酸を注入し、へこみを膨らませることで肌のハリを取り戻し、たるみを目立たなくさせます。

表情じわや乾燥によってできる細かいしわ以外の、全てのしわやへこみに有効です。即効性があり、治療直後から分かりやすく変化を実感することができます。

ただし、ヒアルロン酸注入の効果は永久的ではありません。皮膚の代謝によってゆっくりと吸収分解されていき、最終的に元の状態に戻ってしまうのです。持続期間は、6カ月~1年程度です。

脂肪注入

自分の脂肪を顔の気になる部分に注入します。一度注入した脂肪は注入箇所に留まるので、効果を長く実感することができます。

しわやたるみによって貧相に見える顔も優しい表情になります。持続期間は長く、一年保証をつけている病院もあります。

脂肪を吸引する部位は腹や太股が一般的ですが、人によって個人差もあるため、専門医と相談してください。

機器・器具を使う施術法

機器・器具を使う施術法には、以下のような治療法があります。

レーザー治療

しわ、たるみの治療方法の一つとして、「レーザー治療」があります。レーザー治療のメリットは、実際にたるみを切除するわけではないため、跡が残ることはありません。また、副作用もなく、治療後すぐにメイクもできます。

レーザー治療のほとんどが、コラーゲンを増幅させる効果があり、レーザーを当てることによって皮膚の細胞が活性化され、たるみが改善されます。レーザー治療は顔のたるみ以外にも、シワの改善や毛穴の開きの収縮、妊娠線の改善などにも効果的です。

ラジオ波治療

レーザー光線の数十倍の強さを持つRF波(ラジオ波)の熱エネルギーで、表皮を傷つけることなく、真皮に作用しコラーゲンを増殖しハリをもたらします。

治療後6ヵ月にわたってコラーゲンが産生され、徐々に引き締まったハリのある肌に改善されるため、長期の効果が期待できます。

ラジオ波治療の一種「サーマクール」は、リフトアップマシンの代表的な存在です。持続力が半年~1年と高く、即効性に関しては他マシンと比べてやや控えめですが、1か月ほどすると「痩せた?」と周囲に聞かれるほど顔が引き締まります。

外科治療(手術)

外科治療(手術)の場合、以下のような治療法があります。

スレッドリフト

特殊な糸を皮下組織に挿入し、糸の反発力などを利用して皮膚を持ち上げる方法です。皮膚に針で穴を開けて、専用の針で糸を通し、針を刺した部分から引き抜くので、顔を切らずに済みます。

また即効性があり、当日メイクをして帰ることができます。挿入した糸で皮膚を引き上げるだけではなく、皮下に糸の刺激を与えるため、コラーゲン再生を促しリフトアップする効果があります。

従来の糸はつっぱったような不自然になる場合がありましたが、最新の糸は筋肉に合わせてしなやかに動き、違和感がありません。糸の長さや太さは、個人の状態によって調整されます。

中には、髪の毛より細い糸もあります。ただし、1年半~2年で糸が体内に吸収されてしまうので、継続させるには再治療が必要となります。しかしながら、糸の刺激でコラーゲンが増加するので、糸が溶けた後でも3年程度はリフトアップ効果がやや持続します。

フェイスリフト

メスで切開し、耳周りを自然な曲線に沿って切開し、皮膚の下にある表在性筋膜を持ち上げてフェイスラインをシャープに引き上げる方法です。

手術後は若返ったように見え、抜糸や通院の必要もなく、手術方法も簡単なため興味をもつ方も多い治療方法です。10年効果が持続することが特長です。

1回で抜群の効果が得られますが、費用の負担が大きく、やり直しがきかないので、手術経験豊富な美容外科医師を選ぶことが大切です。

また、手術後の顔面の神経麻痺や皮下出血、顔面内出血など、フェイスリフトによって起こりうる副作用にも注意してください。

大阪限定 費用も評判も太鼓判!美容皮膚科厳選リスト