シミ・そばかす・ほくろ

シミは、顔面、特に最も強く日光を受ける額、眉上、目の周り、頬、口唇などに発生します。境界が比較的鮮明な褐色ないし暗褐色の色素沈着斑で、形は大小様々です。化粧品を多用する思春期以降の女性に多く発生する傾向があり、紫外線を浴びたり妊娠したりすることで悪化します。

そばかすは、顔や腕など直射日光が当たる皮膚にできる小豆大までの褐色ないし灰褐色の斑点です。斑点の大きさはしみより小さいことが多く、鼻の周りや頬に多く発生します。

シミとは反対に、年齢を重ねると薄くなる場合があります。また、思春期以降の女子や色白の人に多いのが特徴です。夏の陽射しや紫外線を浴びると悪化します。そばかすは通称であり、正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれます。

ほくろは、皮膚の表面に見られる黒、または黒褐色の色素斑のことです。大小様々で、徐々に着色、隆起する場合もあります。ほとんどは良性のものですが、悪性のほくろであった場合は徐々に大きくなり、悪性黒色腫になることもあります。

ほくろが急に増大する、変形する、境界が不鮮明になり黒い色が染みだしたように見える、炎症を起こして赤くなる、などの場合は早めに専門医の診察を受けてください。

シミ・そばかす・ほくろの原因

シミの種類は大きく分けて2つです。1つは、「肝斑」と呼ばれるタイプのもので、肝、卵巣、副腎皮質障害、妊娠やピルなど、血液中の女性ホルモンが多くなると、シミが濃くなることから、内分泌の変動が関係していると考えられています。

もう1つは、「炎症後色素沈着」で、ニキビ跡などの炎症が原因であったり、老化現象として現れます。どちらも、主に後天的な原因で引き起こされます。

そばかすの原因は先天性のものであり、両親からの遺伝、肌の色の白さといった条件で発現します。後天性・遺伝性という違いはありますが、シミ・そばかす出現の引き金となるのは、メラニンが原因です。

ほくろの原因は、「母斑細胞母斑」といって、メラニン色素を作る細胞が皮膚で異常に増えたためできるものです。除去する場合、基本は切除となりますが、その際に、ほくろの細胞がわずかでも残っていると再び増殖してしまうため、再発してしまうことがあります。

こんなにも多いシミの種類!

シミの現れ方には様々なタイプがあります。
治療をスムーズに進めるためにも、それぞれの種類をしっかり理解しておきましょう。

老人性色素斑

日光色素斑とも呼ばれています。早い人では20歳から、遅くても40歳を過ぎると日光が当たりやすい顔や手、背中、腕などに現れてくるのです。
ほとんどの人が悩まされているシミは、このタイプに当てはまります。発症した最初は薄く、日光に当たる時間が長いと、だんだん濃くはっきりとした色になりやすいです。
このタイプのシミはレーザーや光治療で簡単に取れますが、何年も放置しておくと表面が盛り上がってしまう場合があります。

脂漏性角化症

老人性イボともいい、30歳以降になると男女問わず、顔や身体に現れてきます。これは、角質細胞が増殖してしまう事でイボのように少し膨らんでくるのが特徴です。
悪性のある腫瘍ではないので、そのまま放置していても特に問題はなく、シミの中ではレーザーや光治療で最も簡単に取れやすくなっています。
しかし、場合によっては顔にできる事もあるので、見た目の美しさはあまり良くないものです。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは、学童期や遺伝性によってできる事が多いです。鼻を中心に小さい色素斑が散在しているものが一般的ですが、中には顔全体にソバカスが散在しているものもあります。
特に目の下にみられる、直径3~5ミリの細かく散在した茶色のソバカスは、顔以外にも手、背中、肩などにも表れる場合があり、紫外線を浴びすぎると刺激を受けて、更に色が濃くなってしまう事も。治療をしても再発しやすいのが特徴です。

色素沈着

皮膚は、外からのダメージを受けると炎症を起こします。炎症が強いと、治まった後に色素沈着を残してしまいやすいのです。
特にニキビ跡、アトピー性皮膚炎、傷跡、レーザー治療後などの色素沈着がこれに当てはまります。この色素沈着は、炎症が早く治まれば時間の経過に伴って消えていくのですが、場合によっては、消えずにそのまま残ってしまうのです。
色素沈着は、レーザー治療や光治療で簡単に取り除けます。

ADM

ADMとは「後天性真皮メラノサイトーシス」の事で、成人になって発生します。両頬と両顎、鼻の周囲あたりにソバカスより1~3ミリと少し大きめの、グレーまたは紫がかったアザができるのです。
一般的に、アザは生まれつきのものが多いですが、オトナになってからも発生するアザもあります。ソバカスとは違って、いくつかまとまって現れるのが特徴です。

肝斑

頬やそれよりも高い位置に、モヤっとした地図を描いたものや筆でなぞったもの、丸い形をした形状が左右対称に発生します。紫外線対策やビタミン補給をしていても、30~40代になると突然現れるのです。シミとよく似ているので、間違えるケースも少なくありません。他のシミと比べても治療時間はかかってしまいますし、手間もかかってしまいますが、根気強くコツコツと治療を続けていけば改善できます。

シミ・そばかす・ほくろの治療法

シミ・そばかす・ほくろの種類によって治療方法が異なります。代表的な治療法は、レーザー治療や光治療があります。さまざまなレーザー機器や光治療機器などが開発され、選択できる幅は確実に広がっています。そのほかにも、トラネキサム酸やビタミンCの内服治療、ハイドロキノンやトレチノイン、トラネキサム酸の外用療法、ピーリング、イオン導入など、多様なシミに対してさまざまな治療法があります。

レーザー治療

レーザー治療とは、レーザー光線が一定の色素だけに反応する性質を利用したもので、周囲の皮膚や組織を傷つけることなく、照射したい部分にのみレーザーを当てることができるので、狙った部分の表面にあるメラニン色素を効果的に消していくことが可能です。

レーザーに当たった部分が熱を発し、色素組織が分解されるので、シミやそばかすが、かさぶたとなって浮き上がるという治療法です。治療時間も短くて済み、痛みも少なく、出血や傷跡が残ることもほとんどありません。

光治療

光治療はレーザー治療と異なり、光を顔全体に照射していくため、表皮のターンオーバーを促進し、お肌の再生能力を高めることで、しみを改善することができます。赤みや腫れなどの、お肌への負担が少なく、お手軽に治療を受けられるのが特徴です。ただし、光治療は光の特性から皮膚の深めの層に到達することはできません。お肌の深いところにあるしみにはあまり効果がなく、皮膚表層にあるしみを薄くしていくことができます。さらに、満足のいく治療効果を得るには、1年以上、10回以上治療を受けることがおすすめです。10回程度の治療を受けても特に変化を感じないしみは、光治療法で消えない可能性が大きいと思ってください。

イオン導入

イオン導入とは、ビタミンCなどのしみ除去に有効な成分をお肌の奥深くに浸透させる治療法です。ビタミンCなどの水溶性の有効成分は塗布だけでは経皮吸収されにくいと言われています。イオン導入は、イオン導入器で皮膚に微弱な電流を起こし、有効成分を皮膚の奥まで浸透させます。肌に塗布しただけの場合より大きな効果を期待することができます。特に、小さなシミや日光性のシミを消すには効果的です。さらに、肌色を淡色化する美白効果もあります。ただし、繰り返し行う必要があることと、大きなシミに対する効果が弱いというデメリットもありますので、ご自身の状況に合わせて検討してください。

ピーリング治療

「ピーリング治療」は、沈着してしまった古い角質や汚れを除去し、肌のターンオーバーを促進させるのに役立ちます。もともと、ニキビ治療に用いられる治療法ですが、肌のターンオーバーが促進して、細胞が活性化し、さらに肌に張りが出してくれるため、角質部分に沈着したシミを薄くする効果が期待できます。レーザー治療や光治療に比べて効果の出方は穏やかで、治療を繰り返すことでシミが徐々に薄くなります。

大阪限定 費用も評判も太鼓判!美容皮膚科厳選リスト