シミ・そばかす・ほくろ

シミは、顔面、特に最も強く日光を受ける額、眉上、目の周り、頬、口唇などに発生します。境界が比較的鮮明な褐色ないし暗褐色の色素沈着斑で、形は大小様々です。化粧品を多用する思春期以降の女性に多く発生する傾向があり、紫外線を浴びたり妊娠したりすることで悪化します。

そばかすは、顔や腕など直射日光が当たる皮膚にできる小豆大までの褐色ないし灰褐色の斑点です。斑点の大きさはしみより小さいことが多く、鼻の周りや頬に多く発生します。

シミとは反対に、年齢を重ねると薄くなる場合があります。また、思春期以降の女子や色白の人に多いのが特徴です。夏の陽射しや紫外線を浴びると悪化します。そばかすは通称であり、正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれます。

ほくろは、皮膚の表面に見られる黒、または黒褐色の色素斑のことです。大小様々で、徐々に着色、隆起する場合もあります。ほとんどは良性のものですが、悪性のほくろであった場合は徐々に大きくなり、悪性黒色腫になることもあります。

ほくろが急に増大する、変形する、境界が不鮮明になり黒い色が染みだしたように見える、炎症を起こして赤くなる、などの場合は早めに専門医の診察を受けてください。

シミ・そばかす・ほくろの原因

シミの種類は大きく分けて2つです。1つは、「肝斑」と呼ばれるタイプのもので、肝、卵巣、副腎皮質障害、妊娠やピルなど、血液中の女性ホルモンが多くなると、シミが濃くなることから、内分泌の変動が関係していると考えられています。

もう1つは、「炎症後色素沈着」で、ニキビ跡などの炎症が原因であったり、老化現象として現れます。どちらも、主に後天的な原因で引き起こされます。

そばかすの原因は先天性のものであり、両親からの遺伝、肌の色の白さといった条件で発現します。後天性・遺伝性という違いはありますが、シミ・そばかす出現の引き金となるのは、メラニンが原因です。

ほくろの原因は、「母斑細胞母斑」といって、メラニン色素を作る細胞が皮膚で異常に増えたためできるものです。除去する場合、基本は切除となりますが、その際に、ほくろの細胞がわずかでも残っていると再び増殖してしまうため、再発してしまうことがあります。

シミ・そばかす・ほくろの治療法

シミ、特に肝斑では、精神療法とビタミンC大量療法が行われます。そばかすの場合は先天的なものが原因であるため、根本的な治療方法はありません。ビタミンCや還元型グルタチオンの内服なども行われますが、効果はあまり期待できません。

しかしながら、対症療法として、美容外科ではレーザー照射による若返り治療が可能です。

レーザー治療とは、レーザー光線が一定の色素だけに反応する性質を利用したもので、周囲の皮膚や組織を傷つけることなく、照射したい部分にのみレーザーを当てることができるので、狙った部分の表面にあるメラニン色素を効果的に消していくことが可能です。

レーザーに当たった部分が熱を発し、色素組織が分解されるので、シミやそばかすが、かさぶたとなって浮き上がるという治療法です。治療時間も短くて済み、痛みも少なく、出血や傷跡が残ることもほとんどありません。

ほくろの治療法はいくつか種類があります。

Qスイッチヤグレーザー

盛り上がっていない小さなほくろを、レーザーで破壊します。色が濃い場合は、複数回照射を行います。

炭酸ガスレーザー

5ミリ以下のほくろや、盛り上がっているほくろに有効です。ほくろの細胞を破壊し蒸発させます。

高周波メス・電気メス

膨らんでいたり、隆起していたりするほくろにおすすめです。メスでほくろの色素を破壊しながら、細胞を削ります。一般的に、数回に分けて除去します。

くりぬき

直径6ミリ以内のほくろに適しています。円筒形の器具を使ってほくろをくり抜き、縫合せずに軟膏を塗って止血する方法です。

メス切除縫合

直径6ミリを超える、大きく膨らんだほくろの施術となります。ほくろ周辺から紡錐形に皮膚を切り取り、縫い合わせます。しばらくは痛みを伴いますが、1週間ほどで抜糸が可能です。経過観察や消毒のための通院をして完了です。

大阪限定 費用も評判も太鼓判!美容皮膚科厳選リスト