ニキビ・ニキビ跡

ニキビの概要

ニキビ

思春期になると顔・背中・胸の中心などに表れるニキビは、毛穴が詰まり、皮膚の中で炎症が起きた時に発症する皮膚病の一種です。 毛穴が詰まることでアクネ菌や雑菌が繁殖し、膿が溜まって膨らんだ状態がニキビなのです。 放置しておくと炎症箇所が広がり、治療をしても痕が残る可能性が高くになります。

慢性化することもあるので早めに対策を講じることが大切です。 特に若者が発症することが多いニキビですが、20代以降に発症する「成人ニキビ」と呼ばれるものもあります。成人の場合は、不規則な生活スタイルや食習慣の影響によってニキビが出ることがあります。 ニキビの症状・段階は、色によって見分けることができます。

初期症状:白ニキビ

炎症を起こす前、つまり初期段階のニキビです。「白ニキビ」は適切に処置をすれば炎症を抑えることができます。 白ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や老廃物がキレイに取り除けず、毛穴の内側で盛り上がってしまった時に発症します。 早めに対策を講じることで、赤ニキビや黄色ニキビへの進行を防ぐ事ができ、痕を残す心配もありません。

初期症状:黒ニキビ

白ニキビの症状が進行すると、詰まった毛穴の中の汚れが表面に浮き出てきます。表面に出てきた皮脂は空気に触れると黒く酸化します。この正体が「黒にニキビ」です。 黒ニキビの場合も、まだニキビの炎症は起きていません。しかし症状が進行すると、アクネ菌などの雑菌が繁殖し炎症を起こす可能性がありますから、すぐにでも対策を講じることが大切です。

中期症状:赤ニキビ

ニキビは白・黒・赤・黄色の順番に症状が悪化していきます。ですから「赤ニキビ」が発生しているなら症状は進んでいると考えていいでしょう。 特に鼻の下などにできる赤ニキビは、皮脂の過剰分泌によって起こります。 皮脂をエサにする雑菌が増殖して、皮膚組織が刺激を受け、炎症を起こしている状態です。 この状態まで進行すると痛みやかゆみを伴うことが一般的です。 状態が悪化すると痕が残ることもあるので、適切な処置をすぐに行いましょう。

中期末期症状:黄色ニキビ

「黄色ニキビ」は、赤ニキビがさらに悪化して化膿した状態です。頬や顎を中心にできますが、髪の毛の生え際などにも発生します。 黄色ニキビは、初期段階の放置や、赤ニキビを間違った方法でケアしてしまった結果、炎症部分が化膿して腫れ上がった状態であり、炎症は目に見える部分だけでなく肌の奥深くまで達していることがほとんどです。 傷ついた細胞はクレーターの原因になり治療後も痕が残る可能性が高くなります。

末期症状:紫ニキビ

黄色ニキビよりもさらに症状が悪化しているのが「紫ニキビ」です。膿の中に血液が混ざることによって黒く紫がかってきます。ニキビ症状の極限レベル、といってもいいでしょう。 痛みや痒みはないのですが、触れるとゴリゴリとした感触があり、悪化すればするほど改善が難しくなります。 跡を残さないためにも黄色ニキビの状態で、適切な処置をして症状を改善するのが大切です。

ニキビの原因

ニキビは、皮脂の過剰分泌によって発生します。しかし、原因はそれだけではありません。一時的なビタミンの代謝異常や自律神経の失調、便秘などの胃腸の不調も一因と考えられます。さらに皮膚常在菌や外からの細菌感染の影響が皮脂に加わることも原因となります。睡眠不足やストレスもニキビ発生に関係があるとされています。

また、外部からの接触刺激もニキビをできやすくします。例えば、前髪がいつもおでこに触れていれば、おでこに発生しやすくなりますし、襟飾りが顎に触れれば、顎のニキビが悪化します。人によって体調や肌の状態は異なるため、一言で原因を特定することはできません。しかし、これらの要因が重なり合って肌に負担がかかった結果、ニキビができてしまうのです。

ニキビの治療法

美容皮膚科では、ニキビの症状・段階に合わせた治療法が行われます。

白ニキビ

白ニキビは、ニキビの初期段階であるため比較的簡単な治療で完治できます。 まず、ニキビ表面に針で穴を開け、アクネプッシャーという機器を使って皮脂を取り除きます。面皰圧出治療やピーリング治療、イオン導入やCO2フラクショナルレーザー治療などが一般的です。 これらの治療方法によって、毛穴を開いてニキビ内の皮脂を吸い上げ、古い角質を溶かして肌のターンオーバーを整えることができます。

また、イオンを導入することで、ニキビ治療に効果的な成分を肌に浸透させることができ、短時間でニキビを治すことができます。 根本的な肌質改善がしたい場合は、ホルモン治療もおすすめです。肌質を変えていくことでニキビ体質を治すことができるかもしれません。

黒ニキビ

黒ニキビの場合も炎症を伴っていないので、基本的には白ニキビの治療法と似た処置が行われます。毛穴の詰まりを改善するために、ディフェリンゲルと呼ばれる治療法や塗り薬や飲み薬で治療が行われます。 黒ニキビを指でつぶして対処する方が多いようですが、指から雑菌が入ったり、爪で皮膚を傷つけてしまい余計に症状が悪化することがあります。自分で潰して処置するのは避けた方が良いでしょう。

赤ニキビ

すでに炎症を起こしている状態なので、初期状態よりも進んだ治療法が必要です。 一般的には抗生物質の内服や外用薬が使用されます。[注1] 美容皮膚科によっては、皮脂腺の縮小やアクネ菌を抑えるサーマクールと呼ばれる治療を行うところもあります。事前に問い合わせて、自分に適した治療法を選びましょう。

[注1]J UOEH(産業医科大学雑誌)29(1):63-71(2007):炎症性ざ瘡の抗菌療法抗菌剤による新規抗炎症作用を中心に一

黄色ニキビ

黄色ニキビの場合は、アクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌もニキビに入り込み増殖しているので、炎症がさらに拡大する可能性がありますから患部の炎症を止めることが先決です。 もし患部から膿が出るほど症状が悪化しているなら、抗生物質や皮脂の過剰分泌を抑える内服薬の他、ステロイドが処方されることもあります。ステロイドの使用に関しては副作用の懸念のあるため、医師と十分にコミュニケーションを取って治療することが大切です。

紫ニキビ

症状が極限に悪化している紫ニキビの場合は、ニキビの原因になっているアクネ菌を殺傷するため、ステロイドの注射や抗生物質の投与が行われます。 当人の年齢や肌の状態によっては、内部の血や膿を排出するために切開手術が行われることもあります。 ニキビへの直接的な治療を行ないながら、肌のアンチエイジングを行なうため、ホルモン療法を取り入れることも効果的です。肌のバリア機能や皮膚の新陳代謝を促進してくれます。

慢性化しているニキビにはレーザー治療が効果的!

慢性的なニキビに悩んでいる方にはレーザー治療がおすすめです。基本的にどの患部にも照射することができますし、再発の可能性も少ないので根本的なニキビ予防ができます。 またダウンタイムもほとんどなく、治療後の入浴やシャワー、お化粧も問題ありませんから、日常生活に支障をきたす心配はないでしょう。

レーザー治療の種類と効果性

ピュアアクネス

ピュアアクネス治療の場合は、特殊なレーザー光をニキビに照射して毛穴の奥にある活性酸素に刺激を与えます。 活性酸素にはアクネ菌を死滅させる働きがあるので、活性化させることによって炎症を抑えます。 炎症を抑えることができれば、ニキビ跡・色素沈着・クレーターなどを予防することができます。

クリアタッチ

クリアタッチレーザー光には「相乗効果と温熱効果」2つの効果があり、この光によって、アクネ菌を死滅させることができます。 また皮脂腺に直接アプローチすることによって、ニキビ痕を残さず治療してくれます。 治療後は皮脂の分泌を抑えてニキビができにくい肌へと改善してくれるので、根本的な治療も期待できます。

炭酸ガスレーザー

化膿したニキビに特殊なレーザー光を当てて、膿や皮脂を熱で溶かします。 0.1ミリほどの小さな穴を皮膚にあけて、その中から皮膚の中にレーザー光を拡散させます。レーザー光には殺菌作用もありますから、再発予防も期待できます。

フォトシルクプラス

強い殺菌作用があるこのレーザー光をニキビに直接照射することでニキビの炎症を抑えることができます。 また、このレーザー光はヘモグロビンに対する吸収力がとても高いのでニキビ跡や色素沈着予防にも効果を発揮してくれます。

Vスターレーザー

このレーザー光は炎症しているニキビやニキビ痕を改善する治療法として効果的です。 大きな特徴の一つは、照射パワーが均一なので広い範囲でも均一の効果を発揮できることです。 痛みもほとんどなくダウンタイムも短いので、日常生活に大きく影響することなく治療することができます。

大阪限定 費用も評判も太鼓判!美容皮膚科厳選リスト