ニキビ・ニキビ跡

ニキビの概要

ニキビとは、思春期以降の人の顔、背中、胸の中心部にある毛包(毛根を皮膚の中で包んでいる袋状の組織)に皮脂が詰まることで発生します。

症状によっていくつかの種類に分けられます。

白ニキビ

まだ炎症を起こす前の状態で、ニキビの初期段階の症状です。毛穴に詰まった皮脂や老廃物がキレイに取り除けず、毛穴の内側で盛り上がってしまった状態をいいます。 この段階でしっかりケアを行っていれば、炎症を起こさず、赤ニキビや黄色ニキビへの進行を防ぐ事ができ、跡を残す心配もありません。
また、この状態をそのままにしておくと、赤ニキビや黄色ニキビへと状態が悪化してしまいます。

黒ニキビ

本来、皮脂は肌の潤いだけではなく、ホコリや細菌から肌を守ってくれる大切な役割を持っています。
不規則な生活や偏った食生活、間違ったスキンケア方法を行っていると、皮脂が必要以上に分泌されてしまうのです。
毛穴の奥で皮脂が異常に分泌されると毛穴が詰まってしまい、アクネ菌が増殖します。
そして、毛穴に詰まった皮脂が固まりとなって毛穴を塞いでしまうのです。この状態を放置すると、古い角質が酸化して黒色に変色します。これが黒ニキビです。

赤ニキビ

赤ニキビが発生してしまう原因は、皮脂の過剰分泌です。
皮脂は外から受けるホコリや細菌から肌を守るってくれる働きをしますが、これが異常に分泌すると毛穴の詰まりになってしまいます。
皮脂を栄養にするアクネ菌が増殖してしまい、皮膚組織が刺激を受けて炎症を起こしたのが赤ニキビです。

黄色ニキビ

黄色ニキビは、赤ニキビがさらに悪化して化膿した状態です。頬や顎を中心に顔全体にできます。
また、髪の毛の生え際にもできやすいのも特徴です。 黄色ニキビは、赤ニキビの間違ったケア方法で悪化させてしまい、腫れあがってしまうと膿をもって黄色ニキビに変化し、痛みやかゆみを伴います。
ここまで症状が悪化すると、ニキビを改善しても跡が残りやすくなりますので正しいケア方法を行うようにしましょう。

紫ニキビ

黄色ニキビよりもさらに酷い症状が紫ニキビです。
痛みやかゆみはないのですが、触れるとゴリゴリとした感触があります。顔にできやすく、発生するとニキビの周囲の皮膚が紫色に変色してしまうので、見た目もよくありません。
黄色ニキビの原因である膿と血が混ざって、炎症が極限レベルまでに達した状態です。悪化すればするほど改善が難しくなり、跡も残ってしまいます。黄色ニキビがあったら要注意!

ニキビの原因

ニキビは、皮脂の過剰分泌によって発生します。しかし、原因はそれだけではありません。一時的なビタミンの代謝異常や自律神経の失調、便秘などの胃腸の不調も一因と考えられます。

さらに皮膚常在菌や外からの細菌感染の影響が皮脂に加わることも原因となります。睡眠不足やストレスもニキビ発生に関係があるとされています。

また、外部からの接触刺激もニキビをできやすくします。

例えば、前髪がいつもおでこに触れていれば、おでこに発生しやすくなりますし、襟飾りが顎に触れれば、顎のニキビが悪化します。人によって体調や肌の状態は異なるため、一言で原因を特定することはできません。

しかし、これらの要因が重なり合って肌に負担がかかった結果、ニキビができてしまうのです。

ニキビの治療法

美容皮膚科では、それぞれのニキビに応じた治療法があります。

白ニキビ

白ニキビ表面に針で穴を開け、アクネプッシャーという道具で中身の皮脂を抜く面皰圧出治療や、古い角質を溶かして肌のターンオーバーを整えるピーリング治療、ニキビに有効な成分を肌に浸透させるイオン導入、毛穴の開きに効果のあるCO2フラクショナルレーザーなど。

また、ホルモン治療を行うことにより、根本的にニキビができにくい肌質にする治療法もある。

黒ニキビ

基本的には、白ニキビの治療法と変わらない。面皰圧出の他、毛穴の詰まりをケアするディフェリンゲル、ピーリング効果のある外用薬による治療がもっとも一般的。

赤ニキビ

炎症を伴うので、ニキビ初期状態の治療法では効果が薄くなる。炎症がひどい場合、抗生物質の内服、外服薬や、ステロイドが用いられる。美容皮膚科では、皮脂腺の縮小や、アクネ菌を抑えるサーマクールといった治療を行うところもある。

黄色ニキビ

この状態になると、アクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌もニキビに入り込み増殖しているため、炎症が一気に拡大する可能性がある。さらなる悪化を招く恐れもあるため、患部の炎症を止めることが第一となる。膿むほどに重症化している場合は、強力な抗生物質が処方される他、皮脂の分泌を抑える内服薬も処方される。レーザーなどの治療は適さない。

紫ニキビ

ステロイドの注射や、抗生物質を投与してアクネ菌を殺す方法、アメリカ合衆国でニキビ治療に用いられている薬を用いることもある。

場合によっては、内部の血や膿を排出するために切開手術を行う。ニキビ跡、瘢痕が残りやすいため、長期的に治療していく必要がある。そのため、肌のバリア機能を取り戻すホルモン療法なども並行して行った方が治りは早くなる。

しつこいニキビにはレーザー治療が効果てきめん!

より確実にニキビを治したい人は、レーザーによる治療が効果的です。レーザー治療は、すべてのニキビに効き、再発予防効果も高いので新しいニキビができにくくなっていきます。また、ダウンタイムがほとんどなく、治療後も通常通りお風呂に入ったり、メイクをしたりしても大丈夫なので、日常生活に支障をきたす心配はありません。

レーザー治療は種類によって効果が様々

ピュアアクネス

ピュアアクネスには、特殊なレーザー光をニキビに当てて毛穴の奥にある活性酸素に刺激を与えます。活性酸素はアクネス菌を死滅させる働きを持っていますので、その働きを利用して炎症を素早く抑える効果を目的としているのです。
炎症したニキビの進行を抑えれば、ニキビ跡、色素沈着、ニキビ跡によってできたクレーター状のへこみも予防する事ができます。

クリアタッチ

相乗効果と温熱効果の2つの光を合わせて、ニキビに当てていきます。この2つの光がアクネ菌を直接刺激して死滅・皮脂腺を破壊する事で、ニキビの炎症やニキビ跡を残さないようにしてくれるのです。
熱をじんわり届けますので、痛みはほとんどなく、ほのかに温かい感覚があります。皮脂の分泌を抑えてニキビができにくい肌へと改善してくれるのです。

炭酸ガスレーザー

化膿してしまった白ニキビに、特殊なレーザー光を当てて、0.1ミリほどの小さな穴を皮膚にあけます。小さな穴を通って、皮膚の中に入ったレーザー光が毛穴の中に広がり、つまりの原因となるニキビの初期症状や膿、皮脂を熱で溶かすのです。
照射したレーザー光には殺菌作用もありますので、膿や皮脂が排出された後、ニキビの再発を防ぐ効果も発揮してくれます。

フォトシルクプラス

フォトシルクプラスが照射するレーザー光には、殺菌作用がありますので、赤く炎症しているニキビに直接当てる事で、ヘモグラビンに対する吸収力がとても高いので、ニキビの炎症を抑えます。
それと同時に、既にできてしまったニキビ跡や色素沈着にも効果を発揮してくれるのです。

Vスターレーザー

肌に取り残されてしまった毛細血管をキレイに整える特殊なレーザー光を照射する機器です。ニキビを改善した後に、残ってしまった赤みの原因となる毛細血管をキレイに整えてくれます。
また、レーザー光を当てながら冷却してくれる機能も備わっているので、炎症性のあるニキビやニキビ跡の赤みを改善する治療に効果的です。

大阪限定 費用も評判も太鼓判!美容皮膚科厳選リスト