毛穴の開き・黒ずみ

毛穴が引き締まっていると、肌はキメ細やかに見える反面、開きや黒ずみが見えると見苦しく感じられるものです。毛穴の開きや黒ずみには様々な原因があり、複合的に合わさっています。代表的なものとしては、

  • 毛穴が茶色くポツポツ見えるタイプ
  • 毛穴が白くポツポツと目立ち、ザラザラしているタイプ
  • 毛穴が黒々としているタイプ
  • 毛穴がしずくのような形に開いているタイプ
  • 夏ミカンのように大きく開いて目立って見えるタイプ

となります。

毛穴の開き・黒ずみの原因

茶色や白のポツポツが気になるタイプは、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることが原因です。毛穴に「角栓」ができている状態となっており、さらに、洗顔やメイク落としが不十分だと、皮脂と汚れが混ざり硬化し、黒ずんだ毛穴になってしまいます。

皮脂の分泌の他、肌の古い角片が剥がれにくくなってしまうのも原因のひとつです。肌のターンオーバーが滞っているため、スムーズに皮脂が排泄されなくなっているのです。

毛穴の黒ずみの中で、季節や性別に関係なく、一年中毛穴が黒々としているタイプで、角栓除去の化粧品などを使用しても改善しない場合、皮脂による角栓ではなく、太く短い産毛が原因と考えられます。このタイプだと、産毛が皮脂と絡み合い、毛穴を詰まらせていることもあります。

しずく型に毛穴が開いているタイプは、頬の毛穴に多く見られます。加齢、紫外線、急激な体重の増減、筋肉の弛緩により、皮下脂肪が支えきれなくなり弛むと同時に、毛穴が引っ張られて見えるのが原因です。また、コラーゲンが減少し、ハリ・弾力不足も一因となります。

夏ミカンのように大きく開いて見えるタイプの毛穴は、「開大毛穴」とも呼ばれています。毛穴の入口部分が広がった状態を指し、皮脂量が多く、毛穴が押し広げられ、毛穴の周囲が古い角質や皮脂、老廃物が付着したり、酸化したりして汚れているのが原因です。

毛穴の開き・黒ずみの治療法

皮脂の詰まりや角栓で毛穴が広がっていたり、黒ずんでいるタイプの場合、レーザーの治療が行われます。

肌の表面にとても小さな穴を開け、古い肌の再生能力を利用し新しく生まれ変わらせる「フラクショナルCO2レーザー」や、黒い粒子を含むカーボンクリームを毛穴の気になるところに塗ってレーザーを照射し、蒸発したカーボン粒子とともに余分な古い角質や角栓を除去する「カーボンピーリング」などがあります。

また、化学薬品を皮膚に塗って古い角質を除去し、人工的にターンオーバーを整える「ケミカルピーリング」もあります。

産毛が原因の黒ずみの場合は、鼻の産毛を脱毛するという治療法があります。

しずく型に毛穴が開いているタイプは、肌のたるみが原因なので、肌の真皮に遠赤外線の熱で刺激を与え、深いところから肌に弾力を与える遠赤外線治療や、レーザーのエネルギーで皮膚の深部にあるコラーゲンなどを刺激し、ハリ・弾力のある肌をつくる「リフトアップレーザー」治療があります。

開大毛穴の場合は、その原因を除去するため、レーザーを照射し古い角質やコラーゲンを焼きます。焼くことで毛穴の周囲にある細胞が分裂し、広がった穴が埋まり、新しいコラーゲンで修復されます。

具体的な治療法としては、毛穴内に溜まっているゴミを除去するパックやケミカルピーリングと、毛穴周囲を焼き縮める「フラクショナルCO2レーザー」、「カーボンピーリング」です。これら2つの組み合わせることで、治療が可能となります。

大阪限定 費用も評判も太鼓判!美容皮膚科厳選リスト