脱毛

すっかり身だしなみとして定着したムダ毛の処理。スカートやワンピースを着こなすため、そして肌の露出が増える夏、半袖やタンクトップ、水着を着こなすためには欠かせません。

脱毛を考えている人ならば、エステと美容皮膚科、二つの選択肢が出てくると思います。

ここでは、美容皮膚科で行われる医療脱毛を紹介します。

医療脱毛がおすすめの理由

永久脱毛の主流はレーザー脱毛です。医療レーザー脱毛は、毛根細胞を高い割合で破壊することが可能で、全ての毛を完全に無くすことはできずとも、半永久的に脱毛の効果が持続するといわれています。

レーザー脱毛は基本的に医療機関以外での施術は不可能です。エステサロンでは光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれる様々な脱毛サービスが提供されていますが、これらの施術方法は出力が弱いため、発毛に関係する毛根・毛乳頭を完全に破壊することができず、数年後には毛が生えてしまうのです。

一方で、医療レーザーは、毛根や毛乳頭までエネルギーが届くため、確実に脱毛が可能です。さらに、パワーが強力なため、治療時間、施術回数の短縮にもつながります。

光脱毛とレーザー脱毛を比較

エステでは光脱毛が行まれますが、光脱毛はエネルギーが広範囲に拡散する特徴があります。そのため、毛根へ与えるダメージもエネルギーが分散している分、小さくなるため毛根に小さなダメージを与えます。

一方、レーザー脱毛はこの逆といえるでしょう。レーザー脱毛は、エネルギーを一点に向けて照射することができます。レーザーは黒色や茶色に反応するするので、毛根の細胞のみを攻撃します。

毛母細胞というものを破壊してしまえば、そこから毛が作られることはなくなります。これが、レーザー脱毛が永久脱毛と呼ばれている理由なのです。

【それぞれの違いについて】

光脱毛 レーザー脱毛
  • あまり痛くない
  • 安い料金で脱毛できる
  • 効果が現れるまで時間がかかる
  • 産毛は脱毛しづらい
  • 脱毛しても時間が経つと再び生えてくる
  • 脱毛効果が高い
  • 上手くいけば永久に毛が生えてこなくなる
  • 脱毛までの期間が短い
  • 料金が高い
  • 火傷をする可能性がある

医療脱毛の種類

毛周期に合わせて脱毛すると効果的

毛が成長するまでには、ある一定のサイクルがあります。そのサイクルは以下の順番でループするようになっているのです。

  1. 成長期
  2. 退行期
  3. 休止期

毛の成長はこのようなサイクルで成長していきます。これを毛周期といいますが、この周期の中で、最も脱毛に適した時期が「成長期」。このタイミングで脱毛をすることにより、抜けやすくきれいに仕上がります。

レーザー脱毛

レーザー脱毛とは、黒色、または茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで、毛や毛根、周辺組織にダメージを与え、脱毛する仕組みです。

痛みが少しあり、「輪ゴムで弾かれたような痛み」としばしば形容されます。

レーザーで照射した毛のうち、成長期に照射した分のみが永久的に脱毛されるので、数回に分けて施術を行う必要があります。また、黒い色に反応するため、脱毛期間中は日焼けなどに注意をする必要があります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、電気針を使用する医療脱毛の一種です。針脱毛とも呼ばれています。

毛穴に絶縁針を刺し、電流と高周波熱で毛乳頭を焼き、組織を破壊することによって脱毛します。毛乳頭が完全に破壊されるため、そこからは永久に毛が生えてくることはありません。

アメリカ食品医薬品局(FDA)が唯一、永久脱毛の効果がある脱毛方法と認めている施術方法で、レーザー脱毛では行えない産毛や白い毛の脱毛、日焼けした肌や、シミ、アザ、ホクロなどメラニン色素が濃い部分の脱毛ができます。また、アトピーのある人でも脱毛が可能です。

レーザー脱毛と比べると、処理できる面積が狭く、時間もかかり、痛みも強いですが、眉毛など細かい部分や、ビキニラインなど一本残らず処理したい場合には適しています。

ダイオードレーザー

レーザー脱毛は一点に集中するため、エネルギーも強く痛みも強めです。しかし、ダイオードレーザーはエネルギーを分散させるため、エネルギーは弱くなりますが、低刺激ですし広範囲を効率的に脱毛できます。

YAGレーザー

レーザー脱毛の種類によっては、日焼けした人に使えないものも存在し、使用できない理由はメラニンにあるとされています。YAGレーザーは日焼けした人にでも使えるレーザーなので、メラニン色素の濃い人や、よく肌を焼く人にはおすすめです。

ライトシェア・デュエット

皮膚を吸引し、伸ばした状態でレーザー脱毛をする方法です。このやり方であれば、毛のメラニンを選ぶことができるので、レーザーの出力を弱めても十分な効果が期待できます。レーザーの出力を弱めることができるため、感じる痛みも小さくなります。

大阪限定 費用も評判も太鼓判!美容皮膚科厳選リスト